全ての不安や心配が解消される

日常生活から変える

月経とは子宮内膜が増殖・剥離している状態です。

多少に関係なく、子宮まわりの血流については滞っているのですが、月経中ともなると陣痛時に体内より「プロスタグランジン」というホルモンが分泌されています。

陣痛中と同じ・・・と言うとわかりやすいのですが、月経中はこのプロスタグランジンは子宮内膜の血液押し出す影響があるのです。

スムーズに月経血が排出された場合は問題ありませんが、排出されないとプロスタグランジンが強すぎるので痛みを伴うケースだってあるのが厄介です。

月経の原因

原因は様々とされています。

特定そのものが難しいのですが、着床を待つための子宮内膜が通常よりも厚くなってしまうのが問題と言うのが有名です。

子宮まわりの血流の滞りがあると、ドロドロとした血液が様々な問題を引き起こすと言う見方もありますが、子宮まわりの血流については「冷え」により滞りが発生するようになっていますので、月経については冷えないように「衣類・カイロ」により骨盤周りを温かくするのが効果的ともされています。

健康的な人は保温がしっかりしているとされていますが、やはり日常生活において健康意識は重要となり月経も同じなのです。

また、月によって月経痛の痛みは変化します。

それと、近年ではタバコを喫煙される女性も多いそうですが、月経の悩みに直結する血液上の問題となりますので、不規則に多くの喫煙をするのも問題となるでしょう。


 

妊娠を回避する避妊薬について

一生に何度かは、避妊していても失敗したり、うまく避妊出来ていなかったのではないかと、必要以上に心配になることがあると思います。

個人的な計算の上では、性行為があった日は、妊娠する可能性が大変低い、いわゆる「安全日」でも、万一の事を思うと不安で眠れないくらいの思いがある・・・と言う場合には、思い切って避妊薬を試してみるのが良いと思います。

妊娠したら困るからと言う思いのまま、妊娠しているのかどうかも分からない状態では、妊娠検査薬も使うわけにはいきませんし、婦人科へ行って検査してもらうわけにもいきません。

ですので、妊娠を望んでいない場合には、妊娠を回避するような避妊薬を服用するのです。

避妊薬にはたくさんの種類がありますが、性行為後72時間以内に出来る限り早めに服用することで、排卵を遅らせたり、受精卵を着床しにくくさせたりと、妊娠を回避することができます。

ピルで比較的安価で手軽に入手することができますので、一度インターネットで探してみると良いと思います。

避妊薬を服用し、妊娠を回避することがみごと出来たなら、全ての不安や心配が解消し、気持ちも体もこの悩みから解放されると思います。